めがね修理のタムラ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガネフレームのクオリティって何なのよ?

最近テレビCMで、某大手チェーン眼鏡販売店が我が社オリジナル鯖江ブランドは鯖江クオリティって謳ってますが、さて一体鯖江クオリティって何なのでしょうか?
とりあえず主観的に検証してみたいと思います。
眼鏡製造業界サイトから見れば、ハイクオリティ(高品質)とは、製造過程において部品単体でのバラツキ(個体差)が無く、材料自体も高品質で、組み立て時の溶接やロー付けも強度確保が出来ていて、表面処理(メッキや塗装等)が剥がれにくいというのが一般的見解かと思います。
エンドユーザーサイトには、上記のハイクオリティが殆ど伝わっていない感がございますね。
めがね修理業者サイトから見るハイクオリティなメガネフレームとは、高品質な金属材料を使用して溶接(ロー付け)強度が十二分に確保されていて、表面処理(電着塗装やメッキ等)が堅牢である事が最低条件ですね。
最近の鯖江ブランドでも、上記の条件にクリア出来ていないデザイン重視のメガネフレームも多々有るのが非常に残念です。
スポンサーサイト

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

めがね修理のタムラ

Author:めがね修理のタムラ
鯖江の片隅で細々とめがね修理を営んでおります。
めがね修理のスキルアップのため日夜頑張っております。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。